RPA

同梱施策をシステムから自由に設定

定期通販に同梱施策は不可欠な機能です。システムから自分で設定・変更が可能となりました。

条件設定
・対象期間(受注ベース、出荷ベース)
・対象購入回数(定期回数、購入回数)
・その他条件(出荷指示カラム内のすべての項目、他)

同梱物
・ちらし(複数選択可能)
・おまけ(複数選択可能)
*重複しない制御も可能です。

rpa1

業界初のコマースRPAで自動受注処理

コマースRPAとは、クラウド上で設定した手順で自動的にデータ処理を行う機能です。コマースロボティクスは、業界初のコマースRPAをリリースしました。

Condition:
条件設定(複数設定可能)
出荷指示データの条件抽出を行う設定です。

Filtering:
フィルター(複数設定可能)
データカラム内の統合、分離、加工、選択、切り取り、置き換えなどを自由に行う設定です。

Action:
処理
データ変換、メール送信、計算結果算出などの処理を実行します。

rpa2

新発明のSDバッチで効率アップ

出荷効率を上げるためには、バッチ処理が不可欠となりますが、SDバッチはこれまでにない新たなバッチロジックです。出荷業務効率が大幅に削減できます。

S(Same)バッチ
同一商品×同一チラシの組合せの注文をグルーピングしてトータルピックする機能です。同じ商品を出荷するので、梱包時間を大幅に短縮できます。

D(Differnt)バッチ
非一商品×非一チラシの組合せの注文をバッチ数を指定してトータルピックする機能です。個別ピッキングは、ハンディーで指示が出せます。

rpa3